pm2.5の対策方法と子供への影響 | PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

pm2.5の対策方法と子供への影響


pm2.5の対策方法 環境省が推奨する対策3つの方法

「極力、外出を避ける」
「窓は閉め切った状態にする」
「空気清浄器を利用する」

でも、どうしても外出をしなければ成らない時は、PM2.5を防げるマスクをかけることです。
特に子供への影響が最も懸念されています。

西日本の幼稚園では、大気汚染が酷い日は
外で遊ばせないなどの対策を取っている所もあるそうです。
過去の例(公害)を見ても、真っ先に影響が出てしまうのは子供ですので、子供には細心の注意をはらいましょう。

 

子供への影響

 

Sponsored Link





PM2.5を大人に対して抵抗力の弱い子供達が吸い込むとどうなるのか
foto008
将来的に端息等疾患にかかったり、肺炎 肺ガンなど吸器系非常に大きなダメージを及す可能性が高いのです
現在、ぜん息(端息)を持つお子供が、今の症状をさらに悪化させる恐れも指摘されています。
普段からマスクを常備し、PM2.5に対しての注意報に耳を傾ける必要があり、学校にもきちんと
問合せなどをしてコミュニケーションを保つようにしましょう。

 

PM2.5 対応の空気清浄機

以下の空気清浄機が実績もあり、お勧めです。
シャープは日本の大手メーカですし、フィルターの入手も容易でお勧めです。

イオニックプロターボは、PM2.5を除去する能力をもっており、しかもフィルター交換がいりません。抗菌試験・抗カビ試験・抗ウイルス試験で高い能力を証明しています。
(北里環境化学センターでの試験結果)

 

ブルーエアーは PM2.5ならず PM1.0 とさらに細かい粒子すら捉える能力を持っています。
インフルエンザウィルス等もきっちりとらえ、カビ アレルゲン物質も綺麗にとらえ空気をきれいにします。
おねだんは高めですが、もっとも能力が高い空気清浄機です。

Sponsored Link





PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証 TOP » pm2.5の対策方法と子供への影響