PM2.5体への影響 | PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

PM2.5体への影響


PM2.5は粒子が非常に小さく、たばこの粒子より小さいので肺の奥深くまで入りやすく、
大量に吸い込むとぜんそくなどの症状を悪化させたり、肺がんの発症リスクを高めるされてます

PM2.5の大きさ

髪の毛の太さの28分の1、スギ花粉の12分の1という小ささで
花粉を防ぐ市販のマスクも通り抜けてしまいます。普通のマスクでは防げません。

foto009

スギ花粉               約0.03mm
黄砂                 約0.5~0.001mm
大気浮遊粒子状物質(SPM)  約0.00001mm~0.1mm(粒子径)
微小粒子状物質(PM2.5)    0.0025mm以下(粒子径)
環境省ホームべージの「微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報」の中でも、「PM2.5は非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が懸念される」とのコメントがあります。

foto012


最近、中国から偏西風に乗って飛来するPM2.5の急激な増加による健康への影響が恐れられており
何らかの対応をとる事が求められています。
PM2S5
濃度の高い日はPM2.5を防げる専用のマスクをつける
PM2.5の粒子も捉えることのできる空気清浄機を使用するなどして、なるべく吸い込まないようしないといけません。

Sponsored Link


PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証 TOP » PM2.5体への影響