九州地方にPM2.5が飛来 濃度上昇中 | PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

九州地方にPM2.5が飛来 濃度上昇中

Sponsored Link


九州地方にPM2.5が飛来 濃度上昇中
PM2S5

スプリンターズの予想動画では、かなり飛来するようです。

今年の11月にはいってからは、九州でPM2.5の濃度上昇が11月に入って多くいわれています。
冬にはいると、太平洋高気圧が弱くなり偏西風の流れが変わって 中国大陸の大気汚染物質が
日本上空に飛来するようになるのです。

柳川市でPM2.5暫定基準値超え [福岡県]

健康への影響が懸念される微小粒子状物質「PM2・5」の大気中濃度が2日、福岡県南部を中心に上昇した。柳川市では同日の平均濃度が1立方メートル当たり97・2マイクログラムに達し、外出自粛などを呼び掛ける指針となる国の暫定基準(70マイクログラム)を上回った。

引用記事:西日本新聞(2013年11月3日)
引用URL:http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikugo/article/5

PM2.5に注意喚起発令 大分県が3市町に

県は2日、健康への影響が懸念される大気中の微小粒子状物質PM2・5の濃度が高いとして、日田、九重、玖珠の3市町に注意喚起を発令した。県生活環境部によると、日田市の測定局で午後5時に大気1立方メートル当たり81マイクログラム、午後6時に97マイクログラムを観測し、県が定める「2時間連続で70マイクログラム」という基準を超えた。県内での発令は6月8日以来3回目。

引用記事:朝日新聞デジタル(2013年11月3日)
引用URL:http://www.asahi.com/articles/SEB201311020032.html


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証 TOP » ニュース » 九州地方にPM2.5が飛来 濃度上昇中