PM2.5は目に見えない。常に存在 | PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

PM2.5は目に見えない。常に存在

Sponsored Link


PM2.5は目に見えない。常に存在しています。
PM23

ガスってないから大丈夫?いいえ、空気中に存在しており、目にはみえません。

小さすぎて視認ができません。
髪の毛の太さの28分の1、スギ花粉の12分の1という小ささで
花粉を防ぐ市販のマスクも通り抜けてしまう。普通のマスクでは防げません。

スギ花粉          約0.03mm
黄砂            約0.5~0.001mm
大気浮遊粒子状物質(SPM) 約0.00001mm~0.1mm(粒子径)
微小粒子状物質(PM2.5)  0.0025mm以下(粒子径)

 

よく、中国でガスってる映像をみますよね。
あれはPM2.5ではなく、スモッグであり上記の大気浮遊粒子状物質(SPM) 約0.00001mm~0.1mm(粒子径)なのです。

CHINA-ENVIRONMENT-POLLUTION

 

上記の画像でモヤモヤしているのはスモッグです。
中国ではPM2.5の超微粒子のほかに、目視可能な有毒ススが大量発生しています

大気浮遊粒子状物質(SPM)は 10μm以下の毒性のあるススです。
映像で見るように、空を霞ませます。最近はハルビンでこの現象が顕著です。

このスモッグも、中国に近い吸収や日本の中国地方や西日本をはじめ、
日本全土に偏西風に乗ってやってくることが、問題となっており、対策をしないといけません。

先に書いたとおり「PM2.5」は超小さい粒子の為、目視出来ません。スモッグもでていれば
PM2.5も大量に発生しているとおもってもよいかもしれませんが、晴れていても
偏西風にのってやってくるので、注意が必要です。

 

 


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証 TOP » PM2.5の基礎知識 » PM2.5は目に見えない。常に存在