花粉とPM2.5はくっつきやすい!花粉シーズン到来は2月初旬 準備をしよう | PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

花粉とPM2.5はくっつきやすい!花粉シーズン到来は2月初旬 準備をしよう

Sponsored Link


花粉とPM2.5はくっつきやすい!花粉シーズン到来は2月初旬 準備をしよう
w1_s
今年の2014年_花粉シーズン、2014年は2月初めに到来する予定
花粉とPM2.5は非常にくっつきやすく厄介な存在
先日ウェザーニューズが花粉の予測を発表した
来年の花粉シーズンは2月上旬から始まり、3月にピークを迎え、5月以降までとしている。

気になるのは花粉とPM2.5のくっつきやすさにある。

中国からの飛来している微小粒子状物質「PM2・5」がスギ花粉とくっつくことで“悪玉花粉”と化すのだ。
恐ろしい話だが、こにより、アレルギー症状をさらに悪化させる可能性があると
医師の専門家は言う。

 

何故くっつくのかといえば、・・

 

これらの、花粉やPM2.5の微小粒子状物質は、物と物がくっつく力「分子間力」があるため容易にくっついてしまう。

 

花粉が壊れて、さらに悪玉になる。

img_14

PM.25の大気汚染物質により傷がついた花粉は割れやすくなる。
こうなるとやっかいだ。
湿度が高くなれば、きずのついた花粉が裂けて”爆発”がおきる。
“花粉爆発”によって、花粉表面と内部からアレルギーの原因となる物質が大量に放出

条件が揃うと、花粉中からアレルギーを引き起こす物質(アレルゲン物質)が大量に散らばる。

スギ花粉の大きさは、おおよそ1.0マイクロメートル以下だ。
PM1.0と表記してもいいだろう。
この粒子をとめるには、N95規格のマスクしかない。

PM2.5やスギ花粉の粒子が小いほど、肺の奥、さらには血管へと侵入やたやすくなる。
そしてぜんそく・気管支炎・肺や心臓疾患を起こす。

早め早めに対策をうっておくことが重要だ。


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証 TOP » PM2.5の基礎知識, ニュース » 花粉とPM2.5はくっつきやすい!花粉シーズン到来は2月初旬 準備をしよう