中国が大気汚染で交通事故相次いでいる。深刻な被害が日本にも? | PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

中国が大気汚染で交通事故相次いでいる。深刻な被害が日本にも?

Sponsored Link


中国が大気汚染で交通事故相次いでいる。深刻な被害が日本にも?
PN2013112201002807.-.-.CI0003

2013年11月23日において、中国の広い地域で深刻な大気汚染によって
視界不良となり、それに伴い交通事故相次いでいます。日本への影響はどうなるでしょうか。

発生が酷いのは、中国の河北、山東、江蘇の3省
また、天津市などを中心としています。
26nitsssssssi
中国の天気予報では、中国の十数都市で、微小粒子状物質「PM2・5」を含む大気汚染指数
6段階のうち最悪の「深刻な汚染」(指数301以上)になってしまいました。

スモッグで視界不良

安徽省の高速道路では複数の車を巻き込む追突事故で5人が死亡。

人体への影響

河北省石家荘市の病院関係者は、呼吸器系の不調を訴える患者が相次いだとのこと。

河北省では複数の都市で指数500に上った。北京市は165で「中度の汚染」。
この大気汚染が、日本へは来ないのか?

数日遅れで、気流の流れや、ジェット気流にのってやってきます。
予測によれば12月2日がもっともpm2.5の濃度が濃くなります。

特に、九州地方、山口県や四国地方は要注意です。

http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/index.html

2222222

PM2.5の本当の恐ろしさ

PM2.5は、人間の健康を中長期的にむしばんでゆく、本当に恐ろしい大気汚染物質

発がん性は、最悪で、脳や心臓細かい血管に入りこんで重大な障害を引き起こし、
呼吸器系統特に肺に重大な障害を引き起こす。

福島原発の放射能もれによる体内被曝の比ではない。
何千何万倍もの悪影響を、もたらすことは確実だし、その影響を受ける地域の広さや人数も比べ物にならない
長期的に減る一方の放射能の影響と違って、むしろ悪化する一方。

防止する方法もあまりのひどさに中国がとる対処療法的対策まちときている。
目には見えないPM2.5だが、対策は十分に行ってほしい。

 


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証 TOP » ニュース » 中国が大気汚染で交通事故相次いでいる。深刻な被害が日本にも?