PM2.5が男性機能に悪影響!PM2.5で能力低下が確認されれた! | PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

PM2.5が男性機能に悪影響!PM2.5で能力低下が確認されれた!

Sponsored Link


PM2.5が男性機能に悪影響!PM2.5で能力低下が確認されれた!
TKY201309300444
ただならぬことだが、研究結果で判明した。

中国のPM2.5は日本の九州や、お隣韓国も迷惑をこうむっているわけだが、
中国で先日深刻化するPM2・5(微小粒子状物質)などの大気汚染について
「生殖能力にも悪影響を及ぼす」と発表した。

目の前がもやでかすみ、昼間なのにうすぐらいほどスモッグがかかる大気汚染の中国。
BYQzO-UCMAA8rGz

中国の分析では、中国に在住する男性の精子能力が低下しているとのこと。
先日2013年11月に、千葉県内など国内でもPM2・5の高い数値が計測され、もう他人ごとではなくなってきている。

日本で行った実際の実験ではマウスを用い微粒子をオスのマウスの肺に注入
健康なそうではないマウスと比べて、精子を作る能力が明らかに低くなったそうだ
この実験を行ったのは大分県立看護科学大学生体反応学研究室の吉田成一准教授だ。

説明で、以下のように語っている。
「肺に微粒子が入ると、オスのマウスの精子を作る能力が低下し、精巣も傷害されることがわかりました。
加えて、妊娠している母親マウスに微粒子を与えると、出生したオスの子マウスの精子を作る能力は低下し、
その影響はマウスが成長した後も続いていたのです」

粒子状物質は、主に工場からのばい煙や、トラックのディーゼル車からのススや、ガソリン車の排気ガスなど
多岐にわたっている。
ちなみに、ディーゼル排ガスを用いた動物実験では、精子を作る能力が減った動物を通常の良い環境状態へ移して
実験をけいぞくしたら完全ではありませんが回復することが確認されている。


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証 TOP » ニュース » PM2.5が男性機能に悪影響!PM2.5で能力低下が確認されれた!