最悪レベルのPM2.5が飛来予想 海外の空気清浄機が注目 | PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

最悪レベルのPM2.5が飛来予想 海外の空気清浄機が注目

Sponsored Link


今年に入り、毎週、中国からの“最悪レベル”の大気汚染がきていると、ニュースで目立つようになった。
現在、対策については空気清浄機とマスク以外方法はない。今週の予想図をみてみよう
2b9ba9e7
1111sprint
このスプリントの予想をみると11月16日前後に濃度が高くなるようだ。
特に九州地方が深刻だ。

pm2.5 いわゆる粒子状物質「PM2.5」。
1990年代から本格的に研究が始まったPM2.5は、有害な化学物質を含み、肺炎、ぜんそくなどを悪化させ、肺がんのリスクを高めるとの報告がある。

今、にわかに注目をあつめてるのが、海外の空気清浄機だ。
基本に立ち返り、空気清浄力という基本性能で挑むのがスウェーデンのメーカー「ブルーエア」
米国、今事実上の世界基準とされる「CADR」(クリーンエア供給率)で世界1位。
空気を速くきれいにする能力でトップに立つ“実力機”、
北米や特に中国市場などで人気だという。

 

同社の説明では、粒子イオン化技術と3枚からなる独自開発した高性能フィルターによって0・1マイクロメートル以上の微粒子を99・97%除去。ウイルスからたばこの煙、花粉、ほこり、ダニに及ぶ。

8畳相当の空間の空気の清浄にかかる時間はわずか約2・5分で、「国内メーカーの一般機に比べ速度は2・5倍」(広報)という強みを持つ


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証 TOP » ニュース » 最悪レベルのPM2.5が飛来予想 海外の空気清浄機が注目