今年3月にPM2・5対応のマスク注文が殺到し品薄に | PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

今年3月にPM2・5対応のマスク注文が殺到し品薄に

Sponsored Link


今年の3月にPM2・5対応のマスク注文が殺到し品薄になったのは記憶にあたらしい
psssss

現在も昨年よりも、中国の大気汚染が深刻化
愛知県豊橋市メッシュ製造業「くればぁ」へ、微小粒子状物質に対応した「PM2・5フィルターマスク」の注文が殺到した。

2012年などより前は数百枚の生産だったが2013年の今年1月 中国の大気汚染が報じられたら
注文が急増し、中国の日系企業や、汚染物質の飛来が懸念される九州の企業を中心に多数を受注した、とてもではないが追いつかない。

循環器系疾患のリスクを高めるPM2・5

PM2・5は、車の排ガスや工場などのばい煙に含まれる直径2・5マイクロメートル以下の微小粒子状物質。肺の奥まで侵入し、ぜんそくや気管支炎を発症させ、循環器系疾患のリスクを高めるとされる。
PM2・5の直径はスギ花粉の12分の1と非常に細かいもの

短期的にぜんそくの症状を悪化させ、持続的に吸い込めば肺がんのリスクを高める
花粉などに付着して体内に入ると、アレルギー症状がより強力になる
微粒子を通さない特殊なマスクでなければ通り抜けてしまう
●どんなに効果の高いマスクでも、“鼻・頬・アゴ”の3か所をしっかり覆うことが大切

ただし、どんなに効果の高いマスクでも、つけ方を間違うと効果は激減。ポイントは“鼻・頬・アゴ”の3か所をしっかり覆うこと。鼻の横やあごに隙間があると、どんなに効果の高いマスクを着けても意味がなくなってしまう

「N95タイプ」のマスクも売れ行き好調で品薄になった。

駐北京日本大使館がおこなった在中日本人向けの説明会では、「N95タイプ」のマスクを着用することが勧められていた「N95タイプ」とは、防塵用のマスクで、0.3マイクロメートルの粒子を95%以上防ぐとされ
「N95タイプ」はラッグストアや薬局、ホームセンターなどで入手可能。PM2.5の影響を受けやすい福岡市内では、昨年の1月にはすでに売り切れている。

早め早めに購入をしておきたいものだ。


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証 TOP » ニュース » 今年3月にPM2・5対応のマスク注文が殺到し品薄に