中国から富裕層が次々に脱出!中国の大気汚染への対応策は? | PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

中国から富裕層が次々に脱出!中国の大気汚染への対応策は?

Sponsored Link


中国から富裕層が次々に脱出!中国の大気汚染への対応策は?
ad9327d6

現在、中国の首都 北京からは、ホワイトカラーのビジネスマン 外国人を中心に海外へ脱出しているとのことだ。
当然、中国の富裕層も海外へ脱出。もうビジネスどころではないというところか・・

脱出者の具体数はわからないがPM2.5等の大気汚染によるのは、健康だけでなく北京のビジネス上の競争力にも影響を
あたえているとのことだ。

外国人観光客は前年同期比で5・0%減少し大気汚染で各方面で影響がではじめている。

十億を超える人間がいるにもかかわらず
汚染を止める知恵を出すものがいないというのは異常な事態だとおもわないのか。

大気汚染だけではない。空気、水、食べ物が汚染されているのは身体へのダメージが半端なくすごいことになる。

でも水と食べ物で健康を損なっても一応は回復可能食生活を改善すれば取り戻していける

問題は空気で肺はダメージを受けると回復しにくいのだ
特に肺は回復ができない臓器で、一度ダメージをうけると回復ができない。

実は、高度成長の1960年台の日本もこうだったのは、社会の授業で学んだとおりだ。
林立する煙突は濃度98%のダイオキシンをもくもくと吹き上げてたし
排水管のプルトニウム廃液はチェレンコフ光で青く見えた
大気汚染は記録が残っていないが推計値では平均8500kg/m^3という殺人的高濃度
そんな環境汚染をおこなってきたが、今は対策により回復した。水俣病やイタイイタイ病などで
犠牲になった方がいたからこそ公害が表にでて、対策にのりだしたのだ。

中国はこれから20年公害病でなやむことになるだろう。

 

ソース(共同通信) http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013110301001845.html


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証 TOP » ニュース » 中国から富裕層が次々に脱出!中国の大気汚染への対応策は?