何故か千葉県だけpm2.5が11月4日に急上昇 千葉県内で発生なのか? | PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

何故か千葉県だけpm2.5が11月4日に急上昇 千葉県内で発生なのか?

Sponsored Link


何故か千葉県だけpm2.5が11月4日に急上昇 千葉県内で発生なのか?
697276p

昨日、千葉県は注意喚起を出した。11月4日、微小粒子状物質「PM2・5」の大気1立方メートル当たりの1日平均濃度が、
国の暫定指針(70マイクログラム)を超える可能性があるとして、県内全域の住民に外出を控えるように注意喚起をだしたのだ。
不思議なのは市原市にある3カ所の観測所で異常値が観測されたのか・・・

中国から日本への飛来が危ぶまれているPM2・5だが
今までは、九州各県を中心とした西日本だった。
今年3月以降、度々注意喚起が出されていた。
しかしながら、今回は関東で初めて。しかも千葉県周辺だけ

神奈川県、埼玉県などでは4日、観測値が注意喚起を出すレベルに達していない。
寒冷前線に沿って、直線上にPM2.5が多い部分が発生
その先が茂原市のかかってたそうだ。

千葉県だけで検出された原因

 

風向きと寒冷前線の位置で雨なのに昨日は大量検出
もちろん中国からの飛来している、11月5日の本日は 寒冷前線がない
晴れてるのに10分の一ぐらいになってるわけだから、おそらく、正しい分析であろう。

また、市原市は東京湾沿岸に工業地帯が広がり、対岸の京浜工業地帯からも西風に乗って空気が流れてきやすい。
工場の煙突から排出された煙が、寒冷前線の気象条件によって市原に集中した可能性もありうる。

注意喚起がでたら、即座にマスクをできる体制だけは整えておきたいものだ。


Sponsored Link

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証

PM2.5対策と予防法のまとめ 対策徹底検証 TOP » ニュース » 何故か千葉県だけpm2.5が11月4日に急上昇 千葉県内で発生なのか?